シストレと自動売買の違い

システムトレードという言葉はみなさん少なからず聞いたことがあり、興味をお持ちだと思います。

株関連の雑誌でも、一時は成績を競うような企画がありシストレを採用している方が成績を上げていたこともありました。

また一部ではFXでのシストレなども特に広告でよく見かけることがありました。

今回は当サイトでいうシステムトレードの解説と違いなどをご説明します。

目次

システムトレードとは

Wikipediaで見てみると

投資を行う際に裁量を排し一定売買ルールに従って売買を行う方法を指す和製英語。通常コンピュータに行わせる非裁量トレードの事を言う。

wikipedia

また、そのあとに

通常はコンピュータに行わせるが、テクニカル分析であろうと、ファンダメンタル分析の指標を用いたものであろうと、広義には自分自身のシステムに基いて取引を行うことをシステムトレードと言う。その場合、必ずしも売買判断や注文をコンピュータに自動執行させるアルゴリズム取引を指しているわけではない。

wikipedia

といった記載があります。

簡単にいうと、

事前に決めたルールに沿ってトレードを行う

ということになります。

一部のサイトでは自動売買と混在して紹介していることもありますが、当サイトでは事前に決めたルールに沿ってトレードを行うことをシストレとしています。

自動売買とは

システムトレードと似たようで若干違う単語である自動売買

システムトレードの日本語版と考えられている方もいらっしゃいますが若干意味が違っています。

自動売買はwikipediaに登録されていませんでした・・・。

簡単にいうと、

事前に決めたルールに沿って完全に自動でトレードの発注が行われる。

かなり似ていますが、自動売買はトレードの発注が行われることがメインとなります。

システムトレードと自動売買の違いとは

似ているようで若干の違いをなんとなくわかっていただいたと思いますが、もっと簡単に説明すると

  1. 売買する銘柄を決定するルールを決める
  2. ルールに沿って明日の売買する銘柄を取得する
  3. 銘柄に対して発注する

この3つのステップが発生しますが、

シストレ・・・1, 2

自動売買・・・1, 2, 3

ということは・・・

自動売買 = シストレ + 自動発注

とイメージしてもらえれば問題ありません。

シストレの多くは明日売買する銘柄の選定までですが、たまに発注機能がついているものがあれば、それは自動売買と同じ意味なんだと思ってもらえればと思います。

自動売買の方がいいのでは?

シストレと自動売買の違いはわかったと思いますが、

自動売買 = シストレ + 自動発注

となると、シストレではなく自動売買の方が便利ですよね?

ではなぜ私はシステムトレードを行なっているのでしょうか。

将来的にはシストレではなく自動売買になっていく可能性も大きいですが、2020年のうちは私はシストレを継続すると断言できます。

世の中的なハードルや、現在の社会の動きなどを見ていても実は全てのケースで自動売買が便利というわけではありません。

ここでメリットを紹介していくとかなりのボリュームになってしまうので、別の記事で自動売買ではなくシストレを行なっているメリットの紹介をしていこうと思います。

シストレ&自動売買ツールの紹介

いざ、シストレや自動売買を実際に行なっていきたいとなった場合に便利なツールをご紹介します。

自作のエクセルやプログラミングでシストレや自動売買を実施することはできますが時間などのコストを考えると現実的ではありません。

その辺りは

あわせて読みたい
シストレをやるなら自作よりイザナミがおすすめな理由 一時期シストレは色々な雑誌で取り上げられたり、ブログが流行ったりと話題を呼びましたが少し今は落ち着いたように感じます。 一つの理由としてはシストレよりもAIや機...

をご覧ください。

イザナミ

株システムトレードソフトイザナミ
  • シストレ型
  • 7日間の「トライアル版」
  • 月額7,920円(税込) (初期費用 12,980円)
  • 初心者でもわかりやすい
  • サポート体制も好評

当サイトで一番オススメしているシステムトレードソフト イザナミ

2019年も頻繁にアップデートが行われており、また初心者向けのセミナーなども積極的に実施しているため、今後継続して使用する上でも安心です。

そして、一番オススメする理由が多数のストラテジーが購入できること。

株システムトレードのトレジスタというストラテジー通販サイトがあり、現在も数多くの新しいストラテジーが登場し活気があります。

株システムトレードのトレジスタ・ストラテジーオンライン

もちろん5年以上前に販売されたストラテジーも成果を出しており、古株の安定したストラテジーから最新の新しいロジックを組み込んだストラテジーまで幅広い選択肢から選べます。

TradeStation

  • 自動売買型
  • ツール利用料は無料(取引手数料は有料)
  • 機能が豊富で上級者向き
  • マネックス証券が運営

自動売買型のツールであるTradeStation

マネックス証券が運営しており、なんとツール利用料は無料という驚きの価格設定です。

かなり高機能で最近日本株のトレードに対応し話題となりました。

米国で数多くの高評価を得ており、これからシストレの波を起こしそうなツールです。

上級者にはオススメですが、イザナミのようにドラッグ&ドロップでストラテジーを作っていくなどの機能はないので、初心者には少しとっつきにくいかもしれません。

よくデイトレーダーが見ている画面のようなイメージのUIとなっており、株取引をよく実施されている方にはおなじみの画面かもしれないです。

既にかなりの知識を持っており、分析などをメインとしてシストレをやっていきたい方にはオススメです。

システムトレードの達人

  • シストレ型
  • 先着10,000名にフリー版あり
  • 月額9,800円 + 税 (初月 19,600円)
  • 西村剛さんという書籍も多数出版している人が運営
  • DVDや電話サポートなどサポート体制

システムトレードソフト イザナミと同じようにシストレと調べると出てくるソフトです。

昨日も豊富で現役の有名システムトレーダー斉藤正章さんのノウハウがぎゅっと詰まったツールが売りになっていますね。

高機能で十分なアプリだと思うんですが、ちょっと気になるのが

新着情報が6年前・・・

バージョンアップはもう少し最近実施されていますが、

それでも1年前・・。

ちょっと更新頻度などを見ると特徴にあげたサポート体制も不安になりますね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる