株式投資を勉強したい人におすすめの本5冊

私は普段は日本株でシステムトレードを行なっていますが、システムトレードをやる人でも株式投資について勉強しておくことがおすすめです。

イザナミとストラテジーを組み合わせることで、自分で売買する銘柄を選ぶ必要はなくなります。

しかし、株式投資の勉強をしておくと普段運用している中で気づきがあったり、カスタマイズのネタを思いついたりと勉強しておくことでたくさんのメリットがあります。

目次

株式投資を勉強する理由

システムトレードを行う場合も、そうでない場合も株式市場で取引を行う場合は基礎の知識は身につけておくことが重要です。

  • 株式市場にはどんな人が売買しているのか
  • 売買している人はどんな基準で売買しているか
  • どんなスタイルの投資方法があるのか

この辺りを知っておくことで、

  • 裁量トレードをしたくなった際の基礎になる
  • カスタマイズのネタになる
  • 新規でストラテジーを作るベースとなる

といったメリットが出てきます。

もちろんここで紹介した本を読めばすぐに株式投資をマスターできるほど甘い世界ではありません。

しかし、株式投資をやっている人はどんな本を読んでどういう勉強をしているのかを知っておくことはシストレを行う方にも大きなプラスとなるでしょう。

株式投資を勉強したい人におすすめの本

めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門

編集:ダイヤモンド・ザイ編集部
¥1,267 (2021/10/22 13:59時点 | Amazon調べ)

株に興味がある方のほとんどが一度は手に取ったことがあるであろう雑誌ZAi。

そのZAiが作った株の入門書です。

オールカラーで図やイラストが豊富で、株式投資を網羅的に勉強したい方にぴったりの1冊です。

株って何?といったところの基本中の基本から学ぶことができるので、全くの初心者でどの本で学習するか迷ったらまず1冊目に選んでいただきたいのが「めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門」です。

マンガでわかる最強の株入門

著:安恒理
¥1,287 (2021/10/22 13:59時点 | Amazon調べ)

株式投資に興味があるけど何も知識がないという方におすすめなのが「マンガでわかる最強の株入門

勉強というと気分がのらない方や、普段本を読まないけど勉強したい気持ちはある人は、まずは漫画で基礎の知識を学ぶことがおすすめです。

株式投資の2大分析であるファンダメンタルズとテクニカルについての解説や空売りについてなどざっくりと解説されています。

全てが漫画であるわけではなく、図も豊富で文章でしっかりと解説もされているので勉強には十分な内容です。

世界一やさしい 株の教科書

著:ジョン・シュウギョウ
¥1,547 (2021/10/22 13:59時点 | Amazon調べ)

とても親切に株式投資について解説されているのが「世界一やさしい 株の教科書

株の取引を行う上で必ず目にするチャートの読み方から売買の方法、そして移動平均線などテクニカル寄りの情報も解説されています。

シストレを含めて株式投資を何から始めればいいかわからないという方にもおすすめの1冊です。

株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書

著:足立 武志
¥1,515 (2021/10/22 13:59時点 | Amazon調べ)

株式投資で企業の財務状況や業績など企業の価値と今の株価から売買を行うファンダメンタルズ分析の基礎知識を身につけるのにぴったりなのが「株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書

タイトルの通り初心者向けの書籍で用語などがしっかりと解説されています。

ファンダメンタルと聞いてあまりピンとこない人はまず手に取って読んでおきたい1冊です。

システムトレード 基本と原則

著:ブレント。ぺンフォールド
¥3,762 (2021/10/22 16:46時点 | Amazon調べ)

システムトレードに興味を持った方全てに読んでほしいのが「システムトレード 基本と原則

成果を出すトレーダーには共通するポイントがあり、それは「原則を守っている」ということ。

システムトレードの売買ルールについて詳しく解説してあるわけではありませんが、今シストレをすでに運用されている方やこれから運用したい方は「なぜシストレを選んだのか」をこの1冊で説明できるようになるのではないでしょうか?

トレードに関わる重要な3つの要素。その要素の重要な順など、シストレを運用して経験を積めば積むほど学ぶことが増える1冊です。

株式投資を勉強したい人におすすめの本まとめ

イザナミとトレジスタのストラテジーを活用することで、知識がなくても気軽にシストレを開始することが可能です。

しかし、シストレを運用する中であまりうまく成績が伸びないときに裁量もやってみようという方も少なくありません。

その時にノーガードで市場に飛び込むのではなく、しっかりと基礎を学びどういった取引が効果的なのかを知っておくことがとても重要です。

また、システムトレードを運用する上で、さまざまなトレード手法がある中で「なぜシステムトレードを運用するのか」ということはしっかりと理解しておくことも大切です。

なんとなく稼げると聞いたからではなく、あなた自身でシステムトレードを選んだ理由をしっかりと腹落ちさせておきましょう。

改めて紹介した本をまとめると

  • めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門
  • マンガでわかる最強の株入門
  • 世界一やさしい 株の教科書
  • 株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書
  • システムトレード 基本と原則

ぜひ1冊でも多く目を通してくださいね。

編集:ダイヤモンド・ザイ編集部
¥1,267 (2021/10/22 13:59時点 | Amazon調べ)
著:安恒理
¥1,287 (2021/10/22 13:59時点 | Amazon調べ)
著:ジョン・シュウギョウ
¥1,547 (2021/10/22 13:59時点 | Amazon調べ)
著:足立 武志
¥1,515 (2021/10/22 13:59時点 | Amazon調べ)
著:ブレント。ぺンフォールド
¥3,762 (2021/10/22 16:46時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる