【2021年2月の成績】イザナミ ストラテジーランキング 【株 システムトレード】

こちらの記事はアーカイブ用です。

最新のストラテジーランキングは下のページを毎月更新中。

あわせて読みたい
【2021年1月の成績】最新イザナミ ストラテジーランキング 【株 システムトレード】 こちらの記事はアーカイブ用です。 最新のストラテジーランキングは下のページを毎月更新中。 毎月トレジスタで発表される、イザナミのストラテジーランキングを徹底解...

毎月トレジスタで発表される、イザナミのストラテジーランキングを徹底解説しています。

目次

2021年2月の相場について

2月は28日までなので本当にあっという間にすぎてしまった感覚ですが、早速とレジスタで2月のストラテジーランキングが発表となっています。

緊急事態宣言中となった相場ですが、月内ではワクチン接種開始などさまざまな出来事がありました。

まずはトレンドを知るために日経平均をチェックしてみましょう。

1年チャートをチェックしてみると、

2021年2月の相場について-1年相場

先月末も大きな下落がありましたが、2月も月末に大幅下落がありました。

しかし、その下落を踏まえても上昇相場が続いていますね。1月月末の大幅下落はすぐに反発し上昇が継続となりましたが、3月も同じように上昇トレンドが続くのでしょうか?

1年前か比較するとかなり綺麗な右肩上りで、日経平均が1万円台だったことをすっかり忘れちゃうぐらい強い相場が続いていたことがわかります、

続いて3ヶ月チャートです。

2021年2月の相場について-3ヶ月相場

先月はついにこの勢いで 3万円突破か!?と記載していましたが、2月中にあっさりと越えちゃいましたね。

その後利確や上りすぎの懸念からか大きく下落し、先日はなんと1,200円越えものマイナスがありました。

大幅下落のイメージがかなり強烈でしたが、2月初旬に比べると高い位置となっていますね。ここから反発するのか、まだ上昇トレンドが継続かとても気になります。

2月前半の上昇相場でうまく利益を積み重ねられたストラテジーか、下旬のマイナス相場でうまく稼ぐことができた売りストラテジーか、一体どんなストラテジーが上位にランクインしているかとても気になる1ヶ月となりました。

2021年2月のストラテジーランキング

リニューアル後のトレジスタでは日々月次の成績がストラテジーのページで公開されており、当ブログでも紹介させていただいていました。

途中までは資高【フォロー改】が絶好調でかなり早い段階で2桁プラスと2位を引き離していましたが、ラストの大幅下落で一体どうなったのかとても気になりますね。

まさか最終日に1,200円も日経が下げるとは想像していませんでしたが、ランキングはどうなったでしょうか?

それでは2021年1月のストラテジーランキングを見てみましょう。

直近1ヶ月ストラテジーランキング

2021年2月の直近1ヶ月ランキングです。

個別のストラテジーのページの成績とは若干異なるようで、ランキングの順位及び成績はトレジスタのランキングの数値を元に記載しています。

1位 +12.7% ディバーシブル・ショート

1位 +12.7% ディバーシブル・ショート

1位はなんとなんとディバーシブル・ショートで12.7%のプラスとなりました。驚きは先月から2ヶ月連続で直近ランキング1位を獲得しています!

しかも3ヶ月や1年で見るとまだまだ上昇相場で売りストラテジーのディバーシブル・ショートが1位を獲得しているので、本当恐ろしいストラテジーです。

月末の大幅下落を2ヶ月連続で完全に乗りこなし、大きく稼いだようです。シストレを運用していく上で、バランスを取るためにディバーシブル・ショートを売りで稼働させておくのはかなり心強いですね。

もちろん過去最高益を更新しての1位獲得となっています。2ヶ月連続で売りストラテジーが1位獲得となり、日経が好調でも売りストラテジーを運用することの重要性を改めて認識させられる結果となっています。

  • 直近1ヶ月成績 : +12.7%
  • 直近3ヶ月成績 : +28.9%
  • 売りストラテジー
  • 高値圏逆張り
  • 過去最高益更新
  • 59,800円
  • イザナミトライアル対応

2位 +11.7% わらしべハイパー2

2位 +11.7% わらしべハイパー2

2位はわらしべハイパー2が11.7%で買いストラテジーがランクインしています。

わらしべハイパー2は先月まで直近3ヶ月ランキングで顔を出していましたが、ついに直近1ヶ月ランキングで2位と短期でも成績を伸ばしてきています。

驚きなのはわらしべハイパー2が2011年11月に発売された超古株ストラテジーが2021年の1ヶ月ランキングでもまだまだ現役でゴリゴリ稼いでくれているところですね。

ここ数ヶ月成績好調が続いており、日経平均が引き続き好調となればまだまだ利益を伸ばしてくれそうでとても楽しみなストラテジですね。

  • 直近1ヶ月成績 : +11.7%
  • 直近3ヶ月成績 : +30.1%
  • 買いストラテジー
  • 底打ちリバウンド狙い
  • イザナミ公認売買ルール
  • 過去最高益更新
  • 72,800円
  • イザナミトライアル対応

3位 +11.3% ヨセミテショート

3位 +11.3% ヨセミテショート

3位はヨセミテショートが11.3%のプラスでランクインしています。3位までが10%越えのプラスとなっています

ヨセミテショートは売りストラテジーなので、上位3位のうち2つが売りストラテジーがランクインと売りストラテジーが活躍した1ヶ月でしたね。

ヨセミテショートも過去最高益を更新しており、シストレ自体はかなり絶好調のストラテジーが多いですね。

ヨセミテショートはグラフから見てもわかるように、バックテストにかなり近い成績で発売後も推移しており、今後もかなり期待できるストラテジーです。

  • 直近1ヶ月成績 : +11.3%
  • 直近3ヶ月成績 : +18.6%
  • 売りストラテジー
  • デイ逆張り
  • 59,800円
  • 過去最高益更新
  • イザナミトライアル対応

4位 +9.7% ブレイブインパクト

4位 +9.7% ブレイブインパクト

4位はブレイブインパクトが9.7%でランクインしています。後少しで10%越えでしたが後一歩でしたね。

ブレイブインパクトも過去最高益を更新しており、絶好調となっております。ブレイブインパクトも2011年10月に発売されたストラテジーで、発売してから3400日越えのストラテジーが過去最高益をいまだに更新し続けています。

ブレイブインパクトは昨年末辺りには3ヶ月ランキングで1位獲得など絶好調が続いていましたが、数ヶ月経ち充電完了でしょうか?また大暴れしてくれそうでとても楽しみです。

ちなみにブレイブインパクトは月次での連勝が続いており、2020年8月から負けなし、さらに2020年4月から負けは7月のみで10勝1敗と恐ろしい成績となっています。

まさにシストレの強みを体現してくれているストラテジーですね。

  • 直近1ヶ月成績 : +9.7%
  • 直近3ヶ月成績 : +14.8%
  • 買いストラテジー
  • 底打ちリバウンド狙い
  • イザナミ公認売買ルール
  • 過去最高益更新
  • 58,500円
  • イザナミトライアル対応

5位 +9.7% スイングキュル3SU

5位 +9.7% スイングキュル3SU

5位はスイングキュル3SUで9.7%のプラスとなりました。

スイングキュル3SUは2019年12月に発売されたストラテジーで、ストラテジー発売後から不調が続いていましたが、ついにランキングにランクインしてきました。

売りストラテジーで今までなかなか活躍できていませんでしたが、ここから過去最高益を更新できるように成績を伸ばしてほしいですね。

  • 直近1ヶ月成績 : +9.7%
  • 直近3ヶ月成績 : +4.1%
  • 売りストラテジー
  • 高値圏天井反落狙い
  • 52,800円
  • イザナミトライアル対応

直近3ヶ月ストラテジーランキング

続いて直近3ヶ月ランキングのご紹介です。

1位 +30.1% わらしべハイパー2

1位 +30.1% わらしべハイパー2

わらしべハイパー2が驚きの30.1%で直近3ヶ月では1位を獲得しました。先月は直近3ヶ月ランキングで2位獲得となっていましたが、ついに1位奪還となりましたね!

今回の直近3ヶ月ランキングの上位で唯一の30%越えを獲得したのがわらしべハイパー2です。

わらしべハイパー2は直近だけでなく2020年4月から好調が続いており、マイナスだったのはたった2ヶ月だけ。

先月末の大幅下落、そして2月の月末の1,200円の下落をうまくこなして直近3ヶ月で1位を買いストラテジーが獲得したというのはとても大きいですね。

わらしべハイパー2は今後も頼りにしたいストラテジーになったのではないでしょうか?

  • 直近1ヶ月成績 : +11.7%
  • 直近3ヶ月成績 : +30.1%
  • 買いストラテジー
  • 底打ちリバウンド狙い
  • イザナミ公認売買ルール
  • 過去最高益更新
  • 72,800円
  • イザナミトライアル対応

2位 +28.9% ディバーシブル・ショート

2位 +28.9% ディバーシブル・ショート

2位も驚きなのがディバーシブル・ショートで28.9%のプラスでランクインです。直近1ヶ月ランキングで1位だったディバーシブル・ショートが直近3ヶ月では惜しくも2位となりました。

しかし、売りストラテジーではディバーシブル・ショートはダントツの成績で28.9%と凄まじい成績です。

先月は5位、今月ついに2位となると、3月は1位を獲得を期待しちゃいますが3月はどんな成績になるでしょうか?

直近の成績ではかなりいい感じに推移しているので、日経の上昇トレンドの中でも押し目や調整の相場をうまく拾い成績をこれからも継続して伸ばしてほしいですね。

わらしべハイパー2と同様ディバーシブル・ショートも新型コロナのような難しい相場では相棒として運用したいストラテジーですね。

  • 直近1ヶ月成績 : +12.7%
  • 直近3ヶ月成績 : +28.9%
  • 売りストラテジー
  • 高値圏逆張り
  • 過去最高益更新
  • 59,800円
  • イザナミトライアル対応

3位 +22.6% 資高【フォロー改】

3位 +22.6% 資高【フォロー改】

直近1ヶ月ランキングで上位ランクインが濃厚でまさかのランク外となった資高【フォロー改】でしたが、直近3ヶ月ランキングにはしっかりとランクインしてきました。

資高【フォロー改】は+22.6%で3位となっています。

月の途中までは日経の上昇トレンドにノリに乗って上位確実と思っていましたが、資高【フォロー改】は下旬の調整相場にうまく乗れずに成績ダウンとなってしまってました。

といっても3月の成績が7.9%と十分な成績で、周りの下落への対応力が凄過ぎたというだけですね。

資高【フォロー改】は2月28日までセットでかなりお得に購入できるキャンペーンを実施中です。

といってもこの記事自体が2月28日の夜に作成しているので残り数時間のみですが・・・。

もしこの記事を2月28日中に読まれている方で、資高【フォロー改】に少しでも興味を持った方は期間限定セットをすぐにチェックしてみてくださいね。

あわせて読みたい
【新ストラテジーセット】資高システムフルセット改【2/28までの期間限定】 新型コロナのワクチン接種が始まったということもあり、少しですが新型コロナウイルスの厳しい生活に少しだけ光が差し込んだ気がしますね。 副反応などの情報も気になり...
  • 直近1ヶ月成績 : +7.9%
  • 直近3ヶ月成績 : +22.6%
  • 買いストラテジー
  • 上昇トレンド順張り&下落トレンド順張り&押し目狙い
  • 過去最高益更新
  • 64,800円

4位 +22.3% 韋駄天

4位 +22.3% 韋駄天

直近3ヶ月ランキングの4位は韋駄天で22.3%のプラスとなっています。韋駄天も古株のストラテジーで2011年7月の販売となっていますが、過去最高益更新と絶好調がまだまだ続いていますね。

平均年利が15%越えと長期運用にあたっての成績はばっちりの成績で、長く運用されている方も満足のいく成績を叩き出してくれているのではないでしょうか?

  • 直近1ヶ月成績 : +7.9%
  • 直近3ヶ月成績 : +23.3%
  • 買いストラテジー
  • 押し目or底打ちリバウンド狙い
  • イザナミ公認売買ルール
  • 過去最高益更新
  • 54,300円
  • イザナミトライアル対応

5位 +18.6% ヨセミテショート

5位 +18.6% ヨセミテショート

直近1ヶ月ランキング3位のヨセミテショートが直近3ヶ月ランキングでもランクインとなっています。

成績は18.6%とわらしべハイパー2などと比べるとまだまだですが、順調に成績を伸ばしてきている売りストラテジーと考えると、来月からが期待という感じですね。

  • 直近1ヶ月成績 : +11.3%
  • 直近3ヶ月成績 : +18.6%
  • 売りストラテジー
  • デイ逆張り
  • 59,800円
  • 過去最高益更新
  • イザナミトライアル対応

ストラテジーランキングまとめ

2021年2月のストラテジーランキングを紹介いたしました。

やはり注目は2月下旬の日経大幅下落となった相場をうまくこなし切れたかという点でした。直前までは資高【フォロー改】が順調に成績を伸ばしており、ついにランキング1位獲得か!?と期待していましたが、下落に飲まれちゃいましたね。

といっても資高【フォロー改】は直近3ヶ月ランキングで3位、2月の成績も7.9%と十分な成績ですが、他がとても強かったです。

中でもディバーシブル・ショートわらしべハイパー2の強さが異常で、

とそれぞれ買いストラテジー、売りストラテジーで特徴も全く違う2つが切磋琢磨し両方が恐ろしい成績を挙げているのがすごいですね。

2つとも運用していた方は恐ろしいほど資産が増えているのではないでしょうか?

まさに1つのストラテジーだけでなく、違う特徴を持つ複数のストラテジーを運用する強さをみた1ヶ月だったと思います。

今まで買いストラテジーが上位を独占することが多かったですが、2月は直近1ヶ月ランキングでは上位5位中3つが売りストラテジー、直近3ヶ月では2つが売りストラテジーとなっています。

しっかりと下落があった相場で売りストラテジーが成績を伸ばしているというのも優秀なストラテジーが多数あるという証拠でもありますね。

まだ売りストラテジーを運用したいけど手が出せていない方は今回のランキングをぜひ参考にしてみて優秀なストラテジーをチェックしてくださいね。

また、この記事を2月28日中に読まれている方は今大注目の資高【フォロー改】のセットが2月28日までであれば購入可能ですのでぜひチェックしてください。バランスが取れたシストレの運用が可能となるセットです。

あわせて読みたい
【新ストラテジーセット】資高システムフルセット改【2/28までの期間限定】 新型コロナのワクチン接種が始まったということもあり、少しですが新型コロナウイルスの厳しい生活に少しだけ光が差し込んだ気がしますね。 副反応などの情報も気になり...

2021年2月も最終日に大幅下落となり、3月がどんな相場でスタートするのかドキドキですが、シストレの皆さんはいつもと変わらずシグナルに従うのみで落ち着いた精神状態で過ごしましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる